November 15, 2006

神様、確かにいました

「美輪明宏音楽会」に行ってきました。
どんなに言葉を並べても、実際にその場にいない限り、この感動は伝えられないことでして。。それに、本来は、観たものに対して、あれやこれやと解説したり、批評したりすることが嫌いなので、いつもは書かないんだけど、今回に限り!!この感動を留めておきたい、という意味で。。

今まで、映画、ミュージカル、お芝居、音楽、いろんなエンターテイメントに出会ってきたけれど、美輪さんの舞台は、そんな計算された感動をくつがえすかのような素晴らしいものでした!!
登場した瞬間に沸き立つオーラ、周りの空気を一瞬にして変えてしまうその存在、地響きのように沸き上がる歌声、も〜〜〜〜〜〜、素晴らしいの一言。
心を揺さぶられ、涙が自然と出てくるような。

ステージは、1部は美輪さんオリジナルの歌からリクエストの多かったもの、2部はシャンソン。
昔の日本の話、政治の話、テレビのアノ話、愛の話し、人生の話、銀巴里時代・・トークもとっても楽しかった。「ヨイトマケの歌」はこうして生まれたのね〜・・。「祖国と女達」「メケメケ」「長崎育ち」etc、それはそれは、名曲ばかり。驚くのが、美輪さんの声は変幻自在。七変化どころじゃないの。恋人を思う乙女、老婆、優しい母、元気な子供・・・。1つ歌の中で、お芝居を見ているかのよう。

感動の中、最後の曲は、エディット・ピアフの「Hymne a l'amour」。
この歌が聴けただけで、もう・・満足。。本当は、「愛の賛歌」だなんて甘い歌ではないのよね〜。もちろん、その日も原曲に忠実なナレーションと、その後、原詩で歌われました。力強くて、圧倒され、金色の風の中に帰ってゆく姿は、神様?ですよ。会場は、スタンディングオベーション!!
ホントにホントに素晴らしかった。。
アンコールの「老女優は去りゆく」も、心に染み入りました。。
また、絶対に行くのだー。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2006

ソウルメイト

P_an_christmasmini
「ソウルメイト」とは?
〜魂のレベルでつながっている運命的に出会うべくして出会う相手〜
だそうで。
ほ〜。
よく言うよね?今、出会っている周りの人々も、前世からの関係があるって。
現世で夫婦だったら、以前は親子だったり、敵味方だったり、もちろん、前世も夫婦だったり。
そういうつながりって、現実でもどんなに関係を切っても切れなかったり、「ん?今、呼んだ?」なんて、テレパシーが合っちゃったりするそうです。

だけど、この「ソウルメイト」ちゅうのにも、出会う秘訣、というのがあるらしいっす。
この世のどこかにいる私のソウルメイトさんへ。
近くにいるなら、ひと声かけてね! 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2006

カレンダーで気合いだ!

時間って、あっという間。
昔は、来週の遠足が待ち遠しくて、早く明日にならないかなあ、
なんて指折りかぞえたものでした。

先日、2007年用のカレンダーがいっぱい置いてある
雑貨屋さんへ。
真っ白なカレンダーを見ていると、
頭の中で予定がい〜っぱい詰まってきます。
そーすると、なんだかムクムクとやる気が沸いてきて、
気合が入るんだなあ。。
よし!買おう! 1冊、買って帰りました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 21, 2006

難しくないように見せるのよ

ブラスト2観てきました。
オーチャードでやった時は、うひょ〜上手いな〜!って素直に楽しんだけど、今回は、その凄さが、余計な小細工で半減・・って感じでした。

すごいんだよねー、とっても。
金管はブリリアントな音だし、バトンの日本人のお兄ちゃんのテクニックは神業だし。だけど、だんだんと「そんな事して吹かんでええや〜ん?」なんて我に返って見てしまいました。トランポリンしながらSAX吹いたり、逆さまにされてクラリネット吹いたり、ゴム引っ張ったり。
いやねえ〜、すごいんだけど、自分でもやってみたら息もあがるし、上手く吹けないのも良くわかるんだけど、その「すごさ」が伝わらないんだよねえ。トランポリン見てたら、仲本工事思い出しちゃったり。ゴム引っ張っるの?それはユートピアだろう〜!
すっかり、ショーとは違うとこばっかり気になっちゃって。正統派のパフォーマンスが観たかったのになぁ。

私の師匠が良く言うのです。
「難しい〜フレーズを、難しく聴こえないように吹くんだよ」って。そう〜ね〜。難しいパッセージ出てきたら、眉間にしわ寄っちゃうもんね。スケートの浅田真央ちゃんだって、あんな連続ジャンプ、綺麗な着地、軽〜く簡単にジャンプしてるように見えるもの。
ブラスト2も、あんまり上手くて余裕があるもんで、ついつい、いろんな小細工したくなったのね(って思うことにしよー)
ちなみに、「熊ん蜂の飛行」「スラヴァ!」は良かったです、とっても。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 30, 2006

タリタリ Yahoo!きっずへ



「タリタリワールド じかんをおぼえよう!」
が、来週の木曜日(7/6)まで、
Yahoo!きっずに掲載されています。
みんな見てね。

FlipViewer版、WindowsMediaPlayer版の2種類ありますが、
FlipViewer版のほうが綺麗です。。

□タリタリワールド じかんをおぼえよう!
■文と絵 ちひろ☆chihiro
■ナレーター(英) Lynne Hobday
■出版社 おはなし絵本クラブオリジナル
■朗読目安 18分
■対象年齢 4歳 ・ 5歳 ・ 6歳 ・ 7歳
■ジャンル 英語の絵本 ・ 遊べる絵本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2006

おやつは決まったか?

慌ててると、やっちゃうんだなぁ。
携帯メールを送信する時に、宛先を間違えちゃう!
スカイプでしゃべりながら、チャットでデータのやりとり、
PCメールをチェックしながら、携帯メール。。
こんなことずっとやってると、どれがどれなんだか?
わからなくなってきちゃう。
いっそ電話すればいいじゃん!
ってなくらいに携帯メールの返信&返信。
特に携帯電話はキケンよね〜。

受信メールに返信する場合。
2件同時に処理しなきゃ!って時に、こっち用の返事を、あっちの人に送っちゃったりするわけ。
それがまた、こっちは友達で、あっちは仕事の相手だったりするのよねー。
「今、電車の中。これから帰るとこ。」なんて、
あっちに送ってしまったことなど、全く気づいてなかった私。
あ〜ん、もう、だからややこしい事になってきたぞ!

そして今日。
買い物帰り、ひょいとケーキ屋さんを覗いたら
「本日中にお召し上がり下さい。ケーキ30%引き」
あら、良いじゃな〜い。今日のおやつはコレにしよ!、と思い、メール送信。
「おやつ何がいい?ケーキ安いから、ケーキはどう?」
・・・返事なし。
「ケーキより、パンにする?お腹空いてる?」
・・・それでも返事なし。
おっかしいなぁ・・じゃあ、いっかぁ。適当に買って帰るか。
返事がないので、とりあえずケーキを4つ見繕ってお店を出たの。
そして、いつものように、花屋に住んでるハリネズミちゃんのところへ寄り道しようと思ってるところへメールが。
も〜、今頃返事くれても、もうケーキ買っちゃったよー、なんて思いつつ受信メールを開けたら、
相手は中学時代の同級生。
件名は「おやつは決まったか?」でした。


| | Comments (2) | TrackBack (1)

June 02, 2006

まぬけな光景

ニュースを見てたら、
ダ・ヴィンチコードの満足度調査って記事があったので、クリック!
男女とも100点満点中、69.5ポイント
へ〜、そんなもんかなぁ。

チネチッタ。
昔は「縦ノリ」ガンガンのパンクのライブで良く来たなあ。。

原作も読んでなかったけれど、TVでいろいろ特集してたので、
な〜んとなくわかってはいたけれど。。
見終わった後に、

◇「この人は何者で?この意味は何?」
  なんか、よくわからんところがいっぱい。

◆「原作のほうが面白いよー。謎解きがぜ〜んぜん」
  ☆1個もあげられないかも。

ま、ジャ〜ジャ〜ジャ〜〜〜ン!火サスだと思えば、
楽しいんじゃん?
あ、ルーブル行ったなぁ〜、な〜んて思い出したり。
ゴロンって横になって観たいよねー。

そして映画館を出ると、
噴水のまわりではカップルが肩寄せあって大切な時間。
でもね、お店終わるの早くない?ここ。
な〜んにもないじゃな〜い。
仕方なく、ムードもへったくれもない、白熱灯ピカピカのファーストフードで、向かい合ってハンガーガーをパクリ、ポテトをむしゃむしゃ。
なんじゃ、このまぬけな絵は。
良く先生に言われたよね?
「遠足はお家に帰るまでが遠足です。みなさん気をつけて帰りましょ〜、って。」
映画も同じ。
「平日の夜、ちょっとお洒落な場所で映画を観て、その後は素敵なお店で語らいながら・・・」
そこまでがワンセット。

なんか、私達カッコ悪くな〜い??
ま、バラエティ班だから、いっか〜。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 31, 2006

真っ赤なユッケ

品川の駅の裏。韓国料理屋さんがいっぱいあるのね。
「こんな路地は、なかなか人は入っていかないよね〜?」
なんて言いながら、ふらりと入ったお店。
クルジョッ、サムゲタン、ナッチポックム・・美味しいじゃ〜ん。

そして話題は、男性脳と女性脳の違いの話。
男性脳は、何かをする時にそのことだけしか考えられなくなって、
他の物事のことなど忘れてしまうって。
一方、
女性脳は一度に複数の事を考えて行動できるので、
それぞれの物事を同時進行できるって。

ふ〜ん。
だから、ケンカにもなるわけで。
なんでそういうリアクションになるの?
理解できないこともいっぱいあるわけで。

男の脳を持った男、男の脳を持った女
女の脳を持った女、女の脳を持った男
だからこうで、そうなっちゃうわけ?
そう言えば人体の不思議展で、いつ男女の脳が分かれるのか?
って書いてあったよね。

こんな会話をしながら、
私がガツガツ食べているのは真っ赤なユッケでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2006

カメラついちゃったよ

水曜日は湘南な日。
といっても、最近引きこもりでずっと家にいるけれど。
水曜日におしゃべりしている生放送で、インターネットのライブ放送が始った。
あらまあ。すごいね。
ラジオで聴くより、音がいいじゃん!
しかもスタジオにはカメラ付き。
あらまぁ、それはまいったなあ。ちゃんとした格好しなくっちゃ〜。
湘南な日は、私にとって家と同じ。
いつもスタジオに入る時は、ど〜でも良いトレーナーに、ど〜でも良いパンツをはいて、
眠い顔。
まっずいじゃん!これじゃ。
インターネットは世界共通。
もしかして、アラブの大富豪がアクセスしてきて、私の放送を聞くかもしれんわけじゃん?
じゃ〜、小奇麗にしておかなきゃダメダメじゃな〜い。
そのアラブの大富豪
「お〜!!理想の嫁がジャパンのショウナンにおった!
 すぐに自家用ジェット飛ばして、花嫁のところへ行きたい!」
な〜んて言って、てんこ盛りの宝石を手みやげに来るかもしれないし。
大変だわ。。
ちゃんと、スカートでもはいておこう。。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 08, 2006

かもめ食堂

p_tari_newyear5mini
なんだか忙しく過ごした2月
あっという間に春の気配
春一番がふいたから、赤いコートを出そう!
かもめ食堂に行かなくっちゃ♪
おにぎりをパクパク
フィンランドかぁ・・
清々しくて涼し気でブルーなイメージ
行ってみたいな♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)