« ハゲと靴 | Main | 親不知ふたたび:入院初日 »

December 13, 2006

親不知ふたたび

いよいよ来てしまったのです。この日が。
左下の親不知を抜くのも、もんのすごい大変だったわけで。。
「右はもっと大変よ?」
といわれてから覚悟を決めるまで、5ヵ月が経ち、めでたく(?)明日、入院です。しかも、2泊3日も。

それまで、レントゲンをとり、CTスキャン初体験があり、心電図やら肺機能検査、そして、血液凝固検査だっけ?耳たぶにブチッと針を刺されて、何分で血が固まるか?の検査したり。。
これで検査でNGが出た場合、全身麻酔での手術ができないらしいんだけど、私は大丈夫だったのね・・。

しっかし、歯を抜く?壊す?よりも、その全身麻酔ってのが恐いのよねー。「先生!目が覚めなかったらどうするの?」「覚めるがな!」そんなやりとりもあり・・。
先週、麻酔科の先生とのミーティングがあったんだけど、「指、縦3本分、口に入りますか〜? それで、首をグ〜ッと後ろにできますか?」なんてことをやらされるわけ。
説明によると、まず、明日の晩は夜9時以降は水も飲めなくて、木曜日の朝、点滴した後、麻酔ガスor注射で意識がなくなる全身麻酔をするんだって、それで、呼吸が止まるから、気管挿管で、口or鼻からチューブを突っ込まれ、そこから肺に空気を送るらしい。
 げ〜〜〜〜! 大丈夫なの? それーー。 
そして、咽の奥を見る時に、鉄の棒(?)を入れるらしく、まれに歯が折れたりすることがあります、って言うのよ!!「チョット、チョットチョット!先生、それは絶対ダメです。私、管楽器奏者なんで、歯が命、歯が折れたら承知せーへんで〜」と、そんな言い方はしませんが、歯が折れるなんてとんでもはっぷん!NGです!!と訴えたところ、麻酔科の先生「う〜ん・・それはまずいですねー・・」と、カルテに赤ペンで『管楽器奏者につき前歯要注意!!』と記入。看護婦さんに、「ファイバースコープある??ちょっとー、当日の先生にも絶対伝わるようにしておいてよーー」。周りが世話しなくバタバタバタバタ・・。
 えええ?大丈夫ーー??
更に説明は続きます。
「手術が終ったら、手を握りますよ〜。確実に手を握り返してきて、意識が戻ったのを確認したら、気管チューブを抜きますので。少し、苦しいですが、頑張って下さいね〜! まれに無意識に暴れる人もいましてね・・。」
 えええ?? ちょっとー心配なんだけどーー。

ま、こんなセッションがありまして・・。
説明書によると、面会は9時〜19時まで、消灯は22時。←私も立派な患者さんじゃ〜ん?
そんな入院+手術初体験記、続きは近日公開!

|

« ハゲと靴 | Main | 親不知ふたたび:入院初日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 親不知ふたたび:

« ハゲと靴 | Main | 親不知ふたたび:入院初日 »