« 体から抜けない悪魔のよう | Main | 雨女 »

July 10, 2006

シンデレラ

今日は宿題がでているので、珍しく真面目なブログです。
バレエを観てきました。
バレエといえば、チャイコのくるみ割り人形を思いだすよねえ。アマチュアの私達にとって、バレエの全幕を演奏する機会なんて滅多にないもの。1幕の途中、どーしちゃったのか?音が1つ出なくなって、mamaに「おかしいんだけどー」「ちょっと貸してみて!」なんてこともあったなあ。オケピに入ってるから、お客さんにはわからないもんね。

さて、演目は、モナコ公国 モンテカルロ・バレエ「シンデレラ」。オーチャードはブラスト以来だな。
開演10分前にはスタンバイ。バレエももちろんだけど、オケが楽しみ! だけど、もうすぐ開演間近というのに、チューニングしないの?・・ん?ちょっと嫌な予感。ん?と思ってたら、ジャンジャカジャ〜ン!あららら、始っちゃった!あら〜ん。生オケじゃないのね〜。ショーック。そう言えば、ちらしにオケ書いてなかったもんねぇ。。ま、いっか・・。

シンデレラのお話は、もちろん、あのシンデレラなんだけど。クラシックじゃなく、振付家マイヨーの作品ということで、初めて観る人にはわかりにくいんじゃないかな。「21世紀の巨匠振付家」なんですって。ほ〜。ちらしにあるように、現代的に解釈されてて、音楽も踊りもところどころカットされてるのね。シンデレラはガラスの靴をはかないし、かぼちゃの馬車も登場しない。舞踏会のシーンは、クラシックバレエのようなドレスも着ないの。

キャストは、主役のシンデレラよりも、仙女と継母の踊りが多い!!かあちゃん、踊る!踊る!あ、もちろん、踊っている方々は、とっても綺麗で可憐なダンサーでした。体はしなやかで、だけど、たくましくて、バネを観ているような感じ。あまりに仙女と継母のインパクトが強くて、ここの場面は何のシーンだっけ?ってわからなくなってしまうほど。最後の最後、シンデレラと王子さまがハッピーエンドの場面も、ちょろっとイメージ的に舞台に登場するだけで、ほとんど父と仙女(シンデレラの亡き母)の2人の踊りでした。

ということで、観た後は、アレはこういう意味で、コレはこういう解釈?な〜んて、シンデレラ反省会話しに花が咲き・・。シンデレラでこうなら、「真夏の夜の夢」はどんな風になっちゃってるんだろ?とっても気になるところです。たまには現代バレエもいいなぁ、妄想ちゅうか、想像力ちゅうか、かきたてられた感じでした。

|

« 体から抜けない悪魔のよう | Main | 雨女 »

Comments

コメントありがとうございました。
なにやら幅広くご活躍のご様子、興味津々です。
これからもよろしくお願いします!

恵比寿、よいところです。
本屋さんにオセロ松嶋さんがいたりします。

Posted by: nekome | July 26, 2006 10:57 PM

nekomeさま

こんにちは。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
私も興味津々です♪

恵比寿。
時々、出没してますので♪

Posted by: CHIHIRO | July 27, 2006 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シンデレラ:

« 体から抜けない悪魔のよう | Main | 雨女 »