« June 2006 | Main | August 2006 »

July 29, 2006

黒ちゃんじゃなかった!!

黒ネコの黒ちゃん
勝手に黒ちゃんと呼んでいた私。
ご存知の通り、声をかけても知らんふり、聞こえているのに聞こえないふり。。
(なぜ?こんな微妙な関係になったのか!?、は前述をご覧下さい〜)

さて、近所には猫おばさんがいます。猫おばさんは、毎朝&毎夕、猫ちゃん達にご飯を持って来てくれるんです。雨の日も、暑い日、毎日欠かさず。
その様子を見ていると、なんだ〜!?あんなに愛想のない黒ちゃんが、猫おばさんの前でゴロニャ〜ン・・。
あららら! あいつ調子の良い奴だな〜、ったく!ご飯をもらう時は甘えた声。(←人間と似てるっか)
というよりも、ある事に気づいたのです。猫おばさんは、黒ちゃんに、こう声をかけていたのです。
「ミッキーちゃん!ご飯よ〜。」
ミッキーちゃん????

後から、猫おばさんに聞きました。この子は、ミッキーちゃんという名前なんだって。黒い耳に、お鼻のあたりは白くって。ま、確かに、ミッキーちゃんに見えなくもないか・・。
だけどね!? ちょっと黒ちゃん! あんた、猫おばさんと私と、どっちがあんたとのつき合いが長いと思ってんのよ!も〜、あんたとのつき合いは何年になる?そりゃ、みーこに先にご飯をあげたわよ。だけど、それはみーこには赤ちゃんがいたからでしょ? す〜っかり、ミッキーちゃん♪なんて言われて、ご飯もらっちゃってさ・・。

試しに、いつものように、シラ〜っとしている黒ちゃんの前で、呼んでみました。
ミッキー! ミッキーちゃん!
すると、黒ちゃん(ミッキーちゃん)は、ギロ!っとこちらを向くではありませんか。ミッキー!と呼ぶ度に、くるっとこちらを向く。ちょっと離れて、ミッキー!って呼んでも、首をこちらに向ける。
ええええ??? あんたミッキー!って呼ばれたいの?そうなの?なんだよ・・そうなの?

ふ〜。「こう呼んでくれなきゃ嫌よ〜!」なんて、彼氏にベタベタ甘えるギャルみたいね!じゃ、今日から、ミッキ−!って呼ぶわよ〜だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2006

雨女

どうも、私は雨女。
水曜日、ON AIRの日はいつも雨。
雨ならまだあきらめがつくけれど、どんより曇りの日もある。曇り女!?

最初は、大滝詠一の「雨のウェンズデイ」、これをかけられるのは、私の特権ね!なんて思ってたけど、こーも雨が多いとね・・・。オープニングトークで、「水曜日は、やっぱり「みずようび」雨が似合う曜日ですね〜
」な〜んて調子良く言ってたけど、これも、もう使い回しができんです。同じこと何回も言うなよー!なんてバレちゃうもんね。

朝、天気が良かったのに、スタジオに入る頃、雨・・。ディズニーランド、夕方どんよりしてきたぞ?なんて思ってたら、雨がパラパラ・・。ビーチに繰り出し、しらす丼をガツガツ!お店を出たら、雨がじゃんじゃん・・・「雨じゃんじゃん」by香田晋・・・。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 10, 2006

シンデレラ

今日は宿題がでているので、珍しく真面目なブログです。
バレエを観てきました。
バレエといえば、チャイコのくるみ割り人形を思いだすよねえ。アマチュアの私達にとって、バレエの全幕を演奏する機会なんて滅多にないもの。1幕の途中、どーしちゃったのか?音が1つ出なくなって、mamaに「おかしいんだけどー」「ちょっと貸してみて!」なんてこともあったなあ。オケピに入ってるから、お客さんにはわからないもんね。

さて、演目は、モナコ公国 モンテカルロ・バレエ「シンデレラ」。オーチャードはブラスト以来だな。
開演10分前にはスタンバイ。バレエももちろんだけど、オケが楽しみ! だけど、もうすぐ開演間近というのに、チューニングしないの?・・ん?ちょっと嫌な予感。ん?と思ってたら、ジャンジャカジャ〜ン!あららら、始っちゃった!あら〜ん。生オケじゃないのね〜。ショーック。そう言えば、ちらしにオケ書いてなかったもんねぇ。。ま、いっか・・。

シンデレラのお話は、もちろん、あのシンデレラなんだけど。クラシックじゃなく、振付家マイヨーの作品ということで、初めて観る人にはわかりにくいんじゃないかな。「21世紀の巨匠振付家」なんですって。ほ〜。ちらしにあるように、現代的に解釈されてて、音楽も踊りもところどころカットされてるのね。シンデレラはガラスの靴をはかないし、かぼちゃの馬車も登場しない。舞踏会のシーンは、クラシックバレエのようなドレスも着ないの。

キャストは、主役のシンデレラよりも、仙女と継母の踊りが多い!!かあちゃん、踊る!踊る!あ、もちろん、踊っている方々は、とっても綺麗で可憐なダンサーでした。体はしなやかで、だけど、たくましくて、バネを観ているような感じ。あまりに仙女と継母のインパクトが強くて、ここの場面は何のシーンだっけ?ってわからなくなってしまうほど。最後の最後、シンデレラと王子さまがハッピーエンドの場面も、ちょろっとイメージ的に舞台に登場するだけで、ほとんど父と仙女(シンデレラの亡き母)の2人の踊りでした。

ということで、観た後は、アレはこういう意味で、コレはこういう解釈?な〜んて、シンデレラ反省会話しに花が咲き・・。シンデレラでこうなら、「真夏の夜の夢」はどんな風になっちゃってるんだろ?とっても気になるところです。たまには現代バレエもいいなぁ、妄想ちゅうか、想像力ちゅうか、かきたてられた感じでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 03, 2006

体から抜けない悪魔のよう

痛いっす・・こりゃたまらん。。
今日、親知らずを抜きました。抜いたというより、砕いた?壊した?
私の顎は小さくて、それでいて、歯は人よりデカイんです。
なので、私の歯はあっちゃこっちゃに向いていて・・。

学生の頃から気になっていた親知らず。
いろんな歯医者へ行く度に、
◇「コレ、抜かないでいいんですか?」
すると、いつもお医者さんは、
◆「う〜ん、まだいいんじゃな〜い?」「上だけ抜いておけば〜?」ってな感じ。そんなこんなで、上の左右の親知らずを抜いたのは、去年のこと。その時、ついでに先生に聞きました。
◇「先生、下の親知らずは?」
すると先生、レントゲンを見ながら、
◆「う〜ん・・・ここじゃ無理ね。大変だもの」

今年に入って、近所のおばちゃんから、優しいし、腕も良いよ!とオススメされた歯医者さんに行ってみました。私がいつもの質問をしようと思ったら、さっき撮ったレントゲンを見ながら、先生は先に言いました。
◆「お〜。いるねえ、すごいのが。コレ抜いたほうがいいね」
(でしょう〜?やっぱり。)
◆「でもコレここじゃなくて口腔外科行ってもらうから」
◇「え〜。先生!大変なんですか?」
◆「ちょっとねえ」

私の親知らずは、しっかりと横たわっていて、根っこがちょっと曲がってるみたい。ちょうど血管と神経がそばを通っていて、面倒なわけ。左はちょっと歯が見えているんだけど、右はすっぽり奥に隠れていて、これがまた難儀なことなのだとか。そのまま抜けないので、歯茎を切開し、前半分を砕き、隙間を作ってから、根っこを抜く、と!

ま、いろいろその間ありまして、めでたく(?)今日の日を迎えたわけです。
紹介状とレントゲンを持って、横浜の○○歯科大学の口腔外科に行きました!
予約をしてたので、あっという間に順番が。ここ、先生が直接声をかけてくれるのね。(若い先生なんだあ。身長は180cmはあるなあ。)
まず、個室で面談。レントゲンを見ながら、
◆「まず、けっこう大変よ。2〜3日は顔が腫れます。あと、しびれが残る可能性があるからね。物がしゃべりにくかったりするよ。」
◇「先生〜、腫れるのはいいんですが、私、しゃべったり、楽器吹いたりするんですけど・・」
◆「今日は左やるよ、こうやってあ〜やって・・・」
(先生、なかなかカッコいいなあ。独身かなあ。)
◆「ところで右ね。これもっとやっかいね。もっと奥のほうにあるし、血管がココちょ〜ど通ってるでしょ?これ、局所麻酔じゃだめだから、全身麻酔でやらなきゃダメかもね。1日入院してもらうかも」
(ええ?全身麻酔?入院?)ソレ聞いて、妄想からすっかり目が覚めた。
◇「先生、そんなに大変なんですか?恐いですねえ」
◆「大変よ。これ。すぐには出来ないから、やる時にはCTスキャン撮って、時期とか計画立てよう」
◇「は・・はい。恐いですねえ」
(計画ですかぁ・・先生のお家にお伺いしてもいいですけど・・)気がつけば、また妄想。

そして、診察台。
麻酔の注射をブチュブチュされ、しばし休憩。
◆「大丈夫?ちょっと口ゆすいで」
はい。左半分がしびれて、上手くしゃべれない。。コップの水を口に含んだら、ビロ〜〜〜っと口から水がこぼれちゃって。(先生、だらしない口元になっちゃいました!!)
◆「よし、じゃ、やろか?」
手袋をはめ、マスクをし、これから大仕事するぞ!ってな感じ。
ガリガリガリガリ!!(歯を削る音)ガンガンガンガンガン!!(歯を砕く音)タラタラタラタラ!!(血が溢れる音)・・・なかなか抜けない・・・オーメンに出てくる悪魔払いのシーンのよう。うぉ〜〜〜!祈りを唱えても唱えても、体から抜けたか??と思うと、うぉ〜〜〜〜、まだいやがった!!・・・抜ける?と思っても抜けない。・・・どのくらい経ったかなぁ・・・先生!!!すんごい力で引っ張ります。・・・大丈夫?痛くない?我慢しないで?(優しいなあ、先生)・・・ガリガリガリガリ!!!ガンガンガンガンガン!!・・・そして格闘の末。
ふ〜、キュッキュッキュ(歯茎を縫う音)。
面白いなあ、どうやって歯茎に糸通してるんだろ?わ、結んでるう。ホントにこうやって縫うんだぁ。
と、時々、先生の顔と手をチラ見。

すんごい大変でした。
先生が最後に
◆「左でコレでしょ?右、もっと大変だから。」
はい・・・先生、覚悟を決めて、また、来ます。

歯の痛みに加え、追い討ちをかけるようなショック
ヒデの現役引退・・もう今日は寝よ・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

その後の経過です。
親不知これから抜くのだけど、どう?
こんなことを友人に聞かれたりするので、その後の経過を書いちゃいます。

3日の日曜日に抜いて、今日は9日の日曜日。
まだ口がちゃんと開けられない程、顎の骨や周りの筋肉が痛いっす。
ご飯もまともに食べられないほど・・・。薬は毎食後に飲むんだけど、薬が効いてる間はけっこう楽ちんです。
ちょっと力を入れると、傷口がパッカリ開いちゃうんじゃないの?ってな具合に傷口が痛い。つばを飲み込んだりすると、のどのほうに引っ張られるようでとっても痛い!!
ま、これは、私の歯が中々抜けなくて、すんごい時間がかかったため、負担がかかったから、こんなに痛いんでしょう〜。
先生、すごい力で引っ張ってたもの!!
月曜日に抜いて、火曜日には熱が少し出ました。風邪じゃあないので、しんどくはないのだけれど、何となく体がだるく、体力も消耗していく感じ。
薬を5日間もらっていたのだけど、金曜日の朝、起きたらあまりにも痛むので、近所の歯医者さんに「痛いよ〜〜〜」のTEL。ちょっと診察してもらって、同じ薬を出してもらいました。
明日の月曜日、抜糸の予定です。こんなんで抜糸できるのかしら?
次ぎに、右下の抜歯が待っているんだけど、この経過を見たところ、抜いて、腫れがひいて、痛みが取れて、楽器が吹けるようになるまでに最低2週間は見ておいたほうが良いとのことダス。
管楽器を吹いている方は、ソレ、考えて抜いたほうがいいよー。
 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »